・御礼:しき読みの会vol.7 葉月読み「朗読劇 春琴抄」・

2017.08.26
しき読みの会vol.7 葉月読み「朗読劇 春琴抄」
終宴、いたしました。

ご来場いただきましたみなさま、
とおくから、想ってくださったみなさまに、
こころより感謝いたします。


——————

鵙屋 琴
彼女は、
ながいこと、わたしにとって、
憧れ
のような、
存在で、
その彼女を、演らせていただけたことが、
ほんとうに光栄でした。

ほんものの、
三味の音に包まれ乍ら。


——————

早苗さんの佐助からの、
ひたむきな愛情をうけ、
ほんとうにしあわせなじかん。
かけあしの、一生を。


——————

年齢をかさねた所為でしょうね、
むかしとは、だいぶん、読み解き方もかわって、

さいごには、
おなじお墓にはいってくれない佐助を、
すこしだけ憎らしく、おもいました。

さいご、
早苗さんのひとり語りのあいだ、
琴として傍にすわっていたあのじかん、
あの、
いいようもなくおだやかなきもち。

きっと、ああいうじかんが、
琴にとっていちばんしあわせなじかんだったのではないか。


——————

むかし、
女王様をやっているおんなのこたちが、
くちをそろえて
Mはみーんな我儘なんだもの!
と(愛情をにじませながら)云っていたのを、
おもいだしました。

佐助も、
琴が琴として、
ただのひとりのおんなとして在ることを
拒み続けたのですものね。

そのなかで、琴がどう生きたのか、
演者により、
そうして同じ演者でも時により、
ちがうものになるんだろうな。


——————

またきっと、
琴を生きたいとおもいました。


——————


——————

早苗さんに用意していただいた、
本番用の春琴伝。

早苗さんからは、
演者としても、ひととしても
たくさん学ばせていただいた。

対馬先生とも、
おあいできてうれしかった。


——————

きっとまた、いつか。

——————

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です