・御礼:idenshi195 『潮騒の祈り』at シアトロン・

2017.07.17
idenshi195 『潮騒の祈り』

終宴、いたしました。

舞台芸術創造機関SAI企画の、
シアトロンというイベントのなかでの演目でした。

ご来場いただきましたみなさま、
とおくから、想ってくださったみなさまに、
こころより感謝いたします。


——————

idenshi195さんと、
言葉の楽譜、に、
きちんと出逢ったのは2016年。
あれよあれよと、
昨年末には合同でのワークショップもさせていただきました。

言葉の楽譜が追い求めているもの。
それはほんとうに、
頷くことばかりで、
演者としてわたしが
感覚的に追い求めていたことを
ことばにして
伝えていただいて、
そうして、そこに行きつく方法を、
学ばせていただいているような、
そんなきもちでいたので、

ことし、
出演させていただいたことが、
ほんとうにうれしくてうれしくて、
うれしかったのです。


——————

ものがたりのなかにも、
求められる技術
(もうすこしちがうことばがあるきがするけれど)
そのなかにも、

じぶんのなかで乗り越えなければいけないことが、
たくさんたくさんあって、
おろおろしているわたしを、
やさしく見護りながら、
ここぞというところで
おしたり、ぐるぐるさせたり、
そのときそのときで、
手段を変えながら、
良い方向に引っ張っていってくださって、

さいごまで、
ひりひりするような緊張感と、

そうして根っこに、たいせつな、
演じることのたのしさ
を噛み締めながら

海、という役を
生きることができました。


——————

あの、波、
03人で紡いだくうき、
ほんとうに
ここちよかった。
みじかい期間のなかで
そんなにたくさんおしゃべりするじかんも
なかったはずなのに、
おわったころにはほんとうに、
家族、
というか、
血縁、
のような、
ふしぎな絆が在った気がします。


——————

まだまだまだまだ、
もっと言葉の楽譜に触れたい。
そう願ってやみません。


——————

おしゃしんは、
idenshi195のツイッターで。


——————

おもいかえすだけで、
またやりたい、
言葉の楽譜を紡ぎたい、
というきもちが
みちみちてきてしまう。
吁。


——————

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です