・大島朋恵、出演:舞台芸術創造機関SAI「栃木でつくる演劇WIP版【イト2019】」・

「イト」が、ふたたびやってきます。

またひとつ、かたちをかえて。

栃木との親和性がたかい作品のようです。
ぜんかいも、とてもたのしかった。

こんかいはさらに、ぎゅっと。
03日間、の、密度がつくる世界を、セカイを、

どうかおみのがしなく。

————————
2019.03.10.
舞台芸術創造機関SAI
「栃木でつくる演劇WIP版【イト2019】」

台本を携帯したまま演技する演出を取り入れた作品。
2011年5月の初演以降、形を変えて再演を重ね、
2017年は宇都宮春の演劇フェスティバルで上演。
今回は三日間のWSを経て、最終日に上演する「ワークインプログレス」形式をとり、
東京と栃木の俳優が共に
ひとつの舞台をつくり上げます。

2038年1月19日3時14分7秒
「世界が静止する日」
崩壊していく世界の中で、 繰り広げられる人間模様。
人と人の絆を描く青春群像劇。


——————

・日時・
2019年03月10日(日)17:00
*上演時間は約80分を予定
*受付・開場は30分前より

——————

・木戸銭・
前売/予約 2,500円
学生割り  1,000円
当日    2,800円
*前売・・・前方エリア席
*予約/学生割り・・・自由席


・前売(事前精算):passmarket
*クレジットカードかコンビニ支払い(手数料有)がお選びいただけます。


・予約(当日精算):カルテットオンライン

2019年1月15日(火)19:00
受付開始

*入場の際は「前売券→予約」の順でご案内します。
*当日券は10分前より入場可能となります。
*学生割りは予約のみ、前売・当日券でのお取り扱いはございません。


——————

・会場・
南宇都宮 悠日

栃木県宇都宮市吉野町1-7-10


——————

・出演・
常盤美妃
倉垣吉宏
渋谷翼
(以上、舞台芸術創造機関SAI)

大島朋恵(りくろあれ)
こもだまり(昭和精吾事務所)
三國谷花(PATCH-WORKS)
小林機械

阿久津奈愛
今井悠莉
小堀佳恵
奈良貴大
橋本栖実(ニノマルプロジェクト)
丸井裕也(ニノマルプロジェクト)
吉成容平(ニノマルプロジェクト)


——————

——
公式ウェブサイト

栃木でつくる演劇WIP版【イト2019】


——


——————

これまでのイト


——————

——————

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です