・御礼:「弟1回 帰ってこい藤宮タク2019 -新宿アーカイブス-」・

こんげつ。

2019.04.06.
燭台(怪)presents
『弟1回 帰ってこい藤宮タク-新宿アーカイブス-』

終演いたしました。

ありがとうございました。


——————

燭台(怪)の蜻蛉さんが
藤宮さんが好きそう
という理由で選んだ会場で、みっちみちの長丁場でしたね…!
たしかに、藤宮さん、すきそう。
スタッフのおねえさんたちも、
混乱のなか終始親切にしてくださいました。

……すきそう…!


——————

それなのに結果から云えば、
藤宮さんはこの日は帰ってこなかったんですけども、

それでも、

藤宮さんの所為で(おかげで)、
とってもすてきなイベントになっちゃいましたよ。


——————

この日のUM-アム-は、
藤宮さんが帰ってこなかったので
キメラドロップのスズキタケオさんがギターで参加してくれました。

ニィさん(タケオさん)の音が、
わたしはじつはまえからすきだったので、
棚から牡丹餅、だったわけですけれど、

独特の癖のあるアムの曲を、
しっかり奏でてくださって、
なんだかかっこいいUM-アム-でした。

ニィさんとのバランスをみながら、
ヴァイオリンの美鳥ちゃんも調整を重ねて、

あのひだけの、とくべつな、UM-アム-だったのです。

(サブリミナルに、ホテル孔雀。)


——————

そしてアム女子部。

かゆちゃんやかりんちゃんなど、
歴代の女子部も揃っておりました。


——————

みっちみちのなか、
なんだかんだ、ほとんどの出演者をみて、
いっしょにおどったり、
それはもう、たのしいじかんでした。


——————

まえにもどこかに書いたかもしれないけど

アムが元気じゃないと元気じゃなくなるひとが、けっこうたくさんいます。
だからアムは元気でいてくれないと困ります

ってむかし、云っていたのはタケオニィさんです。

アムというバンドは、わたしのなかで、
はじめからずっと、不思議な立ち位置にあって、
もうずっと、不思議な関係で、
だから、ずっともう、うまく、云えないのだけど
でも、このタケオニィさんのことばには、
すごく頷くことができます。

ふしぎな、「場所」です。


——————

この、
「帰ってこい藤宮タク」というイベントは、
藤宮さんが帰ってくるまで続くそうです。

みんな、こんなにたのしんでいるから、
あわてなくてもいいんですけど、藤宮さん、
連絡、まってますよ◎

ご来場のみなさま、関係者各位に、

ありがとうございました。


——————


Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です