・RiqrhoAre00 #002「シロノヲト。 -[nocturnement]-」・

shironote-noc_jk_main

02まいめの、シロノヲト。
「シロノヲト。 -[nocturnement]-」

2016年12月28日、発売。

—収録曲—
01.あわせ鏡
02.朧月
03.月と梟
04.蜜月
05.カトレア
06.泡沫の日々

            …and…reiterate………

 

・ご購入窓口・

CD版のご購入はコチラ↓

販売価格:1,800yen

 

ダウンロード版のご購入はコチラ↓

 

————————

しづか、に、 つきあかり の、噪音。
ふかく沈み染めて、透明な無機質。
あなたにも、触れていただけますように。

————————

————————

RiqrhoAre00「泡沫の日々」mv

りくろあれ×舞台芸術創造機関SAI×idenshi195合同ワークショップ企画「空間と演劇力」

%e7%a9%ba%e9%96%93%e3%81%a8%e6%bc%94%e5%8a%87%e5%8a%9btop

MATERIAL FOR THE SENSE 感覚と感性のストレッチ。
今回は『空間と演劇力』に関した、実践的なワークショップです。

すてきな企画が立ち上がりました。

栃木でちょっと変わった舞台をつくっている りくろあれ
東京でもなかなかないほどのフレキシブルさを以って独自の熱を展開するSAI
そして「言葉の楽譜」という、類を見ない手法で朗読劇の枠に収まりきらない舞台を作り上げるidenshi195
「独自」同士の03団体による合同ワークショプです。
「独自」ながら、
身体と声、そして音に着目し構成していく部分で
とてもバランスの良い組み合わせになっています。

SAIとの合同ワークショップは、昨年も行なっており、
その後、倉垣氏自身が栃木での活動を通してこの土地との交流を深めてきました。
この場所のくうきを反映した、良い距離感のワークショップとなることでしょう。
そして今回栃木発上陸となる「言葉の楽譜」、
その手法、意識の向け方は、わたし自身大変感銘を受け、共感することの多いものです。
「言葉の楽譜」を体験することのできる場自体が、大変貴重なものとなっています。

台本演劇のワークショップ自体がとても少ない栃木において、
おそらくたくさんの方々の、
発見や意識の開拓、或いは突破口への道筋になる時間になるとおもいます。

ぜひ、たくさんの方にご参加いただきたくおもっております。

—————–

2015年8月。
栃木県を中心に活動する女優・大島朋恵が率いる“りくろあれ”と
関東/関西等で活動する“舞台芸術創造機関SAI”の倉垣吉宏とで、
合同ワークショップ「骨と声」を開催しました。
俳優の基礎体力向上や、異なるメソッドを用いた本格的な演劇ワークショップであり、
内容含め好評をいただきました。
今回2016年12月17日18日の2日間をかけて、
新たな合同ワークショップを開催することが決定いたしました。
今回は舞台/アニメ/映画の脚本家である高橋郁子氏の“idenshi195”を迎え、
3団体による舞台/演劇経験者向けのワークショップです。
それぞれの団体による異なる舞台演劇のつくり方を体験します。
創作の過程を体験してもらうことで「作品を立ち上げる」こと、
そして「異なる表現形式の違いがもたらす効果」を、
実践を通じて学んでいく貴重な機会です。
表現の幅を広げたい、いろんな劇の世界に触れてみたい
新たな活動の場に触れてみたい、そんな人たちを対象に開催します。
2日間3団体のワークを通して受講していただくことをおすすめしますが、
単枠のみ・一日のみの参加や見学も受付ております。
また今回のワークショップは、
2017年の栃木での作品づくりも視野に入れたものであります。
技術体験や新たな出会いの場として、
是非、多くの方に参加していただければと思います。


■応募期間
12月16日(金)18時迄。
※応募受付は各日各回15名まで。応募者数に達し次第締め切ります。

■参加費
2日間通し・・・10000円
単枠参加・・・3000円
idenshi195のみ…6000円※idenshi195は両日参加となります。
見学のみ・・・2000円※1日分の参加費となります。

■会場
栃木県宇都宮市内。応募者に別途お知らせ。
■ワークショップ日程とタイムテーブル
2016年12月17日(土)18日(日)
12:00-14:00・・・SAI
14:30-17:00・・・りくろあれ
17:30-20:30・・・idenshi195
受付は各30分前より開始。

■応募条件
・18歳以上の心身共に健康な男女。
・栃木県を中心に活動している俳優。
・舞台演劇に関わっている方。
・専門学生/大学生
・また朗読教育関係者/教職員
※経験者向けのワークショップのため、御注意下さい。
※見学参加も歓迎いたします。

■応募
ページ下部にありますフォームよりお願いいたします。
もしくはメールにて sai@kuragaki.main.jp
件名:2016年栃木合同WS参加希望
〇名前
〇生年月日
〇年齢
〇日中連絡のつく電話番号
〇メールアドレス(PCアドレス推奨)
〇受講内容:ワークショップ2日通し//単枠/idenshi195のみ/見学1日or2日
〇舞台・ダンス・音楽・レイヤー経験等パフォーマンス及びそれに準ずる経験があれば、ジャンルや過去の実績など
〇ワークショップの参加志望動機を教えて下さい
〇画像添付(顔が分かる写真)


≪ワークショップ講師&内容紹介≫

%e7%a9%ba%e9%96%93%e3%81%a8%e6%bc%94%e5%8a%87%e5%8a%9briq
■大島朋恵■
俳優。りくろあれの主宰であり作・演出を担当。
2011年より活動拠点を栃木に移し、2012年にりくろあれを発足。
以降も、東京-栃木を横断し、演劇/朗読/ライヴ/モデル/ショーパフォーマンスと、
多彩な活動を行う。

りくろあれ では、
おんがくとことば、そして、からだ、このみっつの柱の融合を軸に、舞台をつくっています。
その基盤となるのは、
音を汲む感性
無駄を省き、効果を追求した身体表現と発話
それらを統括する「じぶんのなかの鏡」。

こんかいのワークショップでは、
まずは身体を制御する為の基礎訓練を、
そして、
りくろあれ旗揚げ公演である【Riecca.(01)】のテキストを用いてシーンをつくることにより、
実践的に りくろあれ の舞台創りを体験していただく予定です。

「じぶんのなかの鏡」を確固たるものにするには、
常々意識し、じぶんのなかにじぶんの客観的な印象をストックする必要があります。
こんかいのワークショップを通して、
「じぶんのなかの鏡」づくりのヒントを、
参加してくださったみなさまに持って帰っていただけたらとおもいます。

SAI、そしてidenshi195とともに。
贅沢な企画に、わたし自身、わくわくしています。

【りくろあれ】
%e7%a9%ba%e9%96%93%e3%81%a8%e6%bc%94%e5%8a%87%e5%8a%9briq_logo
宇都宮在住の舞台役者、大島朋恵により発足。
音楽とことば、身体表現を織り交ぜ、独自の世界観を創り上げる。
気ままに、時に偏執的に、そこにあるのは えそらごと、の、六 氣 抄 。
-近年の活動-
2016年9月 南宇都宮悠日カフェ「Po,noc」
2015年3月 宇都宮市文化会館小ホール「シロノヲト。-[pregando]-」


%e7%a9%ba%e9%96%93%e3%81%a8%e6%bc%94%e5%8a%87%e5%8a%9bsai
■倉垣吉宏■
舞台芸術創造機関SAIの全公演の劇作・演出を担当。
俳優の身体感覚と精神/感性の結びつきに深く切りこんだ独自の劇言語を用いたミニマルな手法と
音楽的解釈で構築された台詞術とを組み合わせた「過剰と抽象」という演出法を用い様々な作品を手掛ける。
俳優としては、特徴的な身体を駆使した特異な役や、朗読や台詞劇での活動が多い。

今回はSAIの「イト」という、台詞を覚えず台本を携帯しながら
身体を動かしまくる作品を使って2日間で舞台をつくっていきます。
私のワークでは、短時間で作品をつくっていくための具体的な表現方法として
『型』を利用します。意識的に使うことで『型』は色んな効用を生みます。
記号的に表現していくことから、無駄が削がれ、シンプルで素早く立ち上がる。
その体験からいろんな発見をしてみたいです。

日本の演劇の多様性は世界的に見てもトップクラスのものであり、
今後もより細分化され変化していくことでしょう。
同時に、東京一極化という状況も変化していく中で、
地域の舞台創造の在り方が、強く求められているように感じます。
2014年から東京/大阪/栃木とWSを行っていた時に感じたのは
「漠然とした不安と、根拠のない希望」でした。
演劇が社会を映す鏡だとしたら、そういうものと向き合うことから
参加者の皆さんと、作品をつくったり、一緒に考えたりしていきたい。
東京と栃木の演劇シーンを結び、そこから新たに生まれてくるものを期待して・・・

【舞台芸術創造機関SAI】
%e7%a9%ba%e9%96%93%e3%81%a8%e6%bc%94%e5%8a%87%e5%8a%9bsai_logo
劇作家・演出家・俳優の倉垣吉宏を中心に、ごく少数のスタッフと俳優で活動。
現実と虚構の中間的な世界観を基盤にした、
境界線に縛られない自由度の高い作品を特徴とする。
-近年の活動-
2016年8-9月 高田馬場RABINEST「新約熱海殺人事件」
2015年8月 南宇都宮be-off「BORDERS-栃木公演」
2014年11月 中崎町AManTo天然芸術研究所「イト-変異する演劇・大阪公演」


%e7%a9%ba%e9%96%93%e3%81%a8%e6%bc%94%e5%8a%87%e5%8a%9b195
■高橋郁子■
2001年より朗読劇の作・演出、2007年よりアニメーションの脚本を手がける。
「言葉の楽譜」を元に、新しい朗読劇のスタイルを確立。
人間の内面を繊細に見つめる描写に定評がある。
代表作
舞台:『潮騒の祈り』『大樹釈尊』『ゴールデン街★青春 酔歌』『朗読能 葵上』
T V :『モノノ怪』『墓場鬼太郎』『図書館戦争』『青の祓魔師』『スタミュ』
映画:『アシュラ』

朗読劇の面白さとは何かーー、
それは語り手と聴き手の想像力によって作品が完成されるところにあります。
idenshi195では、語ること、聴くことに特化した、朗読劇でしかできない舞台を創っています。

句読点によって韻律を指定した独自の脚本は、「言葉の楽譜」と呼ばれています。セリフ・モノローグ・ナレーションを切り替え、重奏していく特徴があります。
語り手には、瞬発力の他に、音から色や匂いのイメージを届けるための、感覚を研ぎ澄ませた(いわば第六感を用いた)表現力が求められます。
これまでの出演者は皆、口を揃えて言います、「難しい」と。
しかし、その感覚を研ぎ澄ませた先に生まれた表現が、聴き手に鮮やかなイメージを想起させるのです。

今回のワークショップでは、2014年に高橋が作演出を務めた和の会主催公演、朗読能シアター『殺生石』@東京芸術劇場 の台本の一部を実際に使用します。
これは能の演目に、新たな解釈を加えた現代語の朗読劇です。

音楽的かつ映像的な脚本と空間を支配する演出は、他にはありません。この機会にぜひ、その内側を体験してみませんか。

【idenshi195】
%e7%a9%ba%e9%96%93%e3%81%a8%e6%bc%94%e5%8a%87%e5%8a%9b195_logo
idenshi195(いでんしイチキュウゴ)とは、脚本家・高橋郁子が主宰する朗読劇ユニットです。
「言葉の楽譜」と称される独自の脚本を元に、語ること・聴くことに特化した立体的な朗読空間を創りあげます。
言葉の楽譜による朗読劇の普及を目指し、出演者を固定化しないプロデュース公演を行っています。
-近年の活動-
2017年2月 新宿 経王寺「朗読 原爆詩集」
2015年11月 新宿 経王寺「やわらかな鎖」
2014年12月 文化放送メディアプラスホール「朗読劇 潮騒の祈り」


[contact-form-7 404 "Not Found"]

・大島朋恵、出演:obiter dicta presents 「Impro Night」・

つぎのきんようび、
宇都宮で、
あたらしい、かたち。

バレエダンサーの近澤美佐緒さん、
それから、
甲斐セッションバンドの
甲斐良信さん
伊藤良法さん
谷田アサシさんといっしょに、
obiter dictaというユニットで。

おととおどり、それからことばのインプロショウをします。

甲斐セッションバンドのみなさんは、
宮ジャズや、いろんなカフェやライブ会場で演奏されてます。
こんかいは、
甲斐さんの鍵盤、伊藤さんのドラムス、谷田さんのベースという布陣。
ダンサーのみさおちゃんは、
バレエを基本に、コンテンポラリーを取り入れて。
わたしは、
おととおどりに呼応して、
つとつとことばを紡ぎます。

だいすきなfudan cafeのデリもはいるとのこと。
五感に愉しい夜になりそうです。

平日、すこしおそいじかん。
ぜひ、おはこびくださいませ。


——————

161111_test02mini
——————

————————
2016.11.11

obiter dicta presents
「Impro Night」

——————

◎日◎
2016年11月11日(金)

◎時◎
open 20:00 start 20:30

◎木戸銭◎
2,000yen (1 drink included)
お申し込みはコチラ

◎会場◎
snokey music public house six

map_snokey
宇都宮市江野町2-15 近江園ビル2F


——————

◎出演◎

live:甲斐良信 Session Band / obiter dicta
dj: ボブ フロム エルエー

————————

・大島朋恵、出演:廻天百眼 詩劇『冥婚ゲシュタルトEve』・

s16仮チラシ_k

愈々幕を開けました。
廻天百眼「冥婚ゲシュタルト」。

金原卒業公演として、
この演目が選ばれ、
そして、ただの再演ではない、
より深い「冥婚ゲシュタルト」が、
出来上がっています。

そうして、
そのうしろにあるものがたりも大公開。
詩劇『冥婚ゲシュタルトEve』
本編と合わせて、どうぞおたのしみに。


——————

「冥婚ゲシュタルト」は、
たくさんの愛が交錯するものがたり。
愛を追う、マリの旅。


——————

————————
2016.06.17/19

虚飾集団廻天百眼
詩劇『冥婚ゲシュタルトEve』

脚本/演出 石井飛鳥

s16_fly_omo_02_ols16_eve

——————

2014年03月にザムザ阿佐谷で上演され満員御礼を記録した
廻天百眼の代表作、『冥婚ゲシュタルト』の再演。
金原沙亜弥卒業・廻天百眼大改造公演と銘打つ特別な公演となる今回、
同時上演として、
マリがメアリーだったころを描く『冥婚ゲシュタルト』スピンオフ作品をお届けします。

指輪に閉じこめられていたマリ。
彼女は、いつ生まれ、どこから来たのか。


——————

◎日時◎
2016年06月
17日(金)16:00
19日(日)16:00

◎チケット◎
詩劇『冥婚ゲシュタルトEve』
・一般  3000円
・冥っ子 2000円

全ステージフリーパス
・一般  42000円
・冥っ子 28000円
舞台『冥婚ゲシュタルト』と詩劇『冥婚ゲシュタルトEve』の全ての舞台を観られるフリーパスです。
さらに豪華特典もついてくる!

※【冥っ子】23歳以下の方の割引です。
2016年6月10日の時点で、23歳以下の方。当日、身分証をお持ちください。
※全席自由席。
※受付開始は開宴60分前、開場は開宴30分前です。
※開宴10分前より当日券のお客様の入場を行います。
お申し込みはコチラ

◎会場◎
-東京-
ザムザ阿佐谷
zmz_map
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
http://www.laputa-jp.com

——————


——————

◎出演◎
金原沙亜弥
大島朋恵
麻宮チヒロ
南条ジュン(鳥の首企画)
山本恵太郎
こもだまり(昭和精吾事務所)
紅日毬子
桜井咲黒
十三月紅夜


——————

——

本編「冥婚ゲシュタルト」情報

◎日時◎
2016年06月
14日(火)19:00
15日(水)19:00
16日(木)19:00
17日(金)19:00
18日(土)14:00/19:00
19日(日)13:00/19:00
20日(月)

◎出演◎
s16_cast


——————

——
虚飾集団廻天百眼オフィシャルウェブサイト 特設頁
http://www.kaitenhyakume.com/s15.php
——

——————

-廻天百眼 舞台『冥婚ゲシュタルト』予告編-



——————

-『冥婚ゲシュタルト』より「冥婚行進曲」-


————————

・大島朋恵、踊り子出演:「弟1回 祝★MATARICAサウジアラビア帰国イベント」・

スクリーンショット 2016-05-19 23.30.52
——————

————————
2016.06.18

「弟1回 祝★MATARICAサウジアラビア帰国イベント
~ソールドアウトしなければMATARICAハコ代自腹~」

——————

◎日◎
2016年06月18日(土)

◎時◎
開場_17:45 / 開演_18:00

◎木戸銭◎
adv_羊2,500(+1d) / day_羊3,000(+1d)
お申し込みはコチラ

◎会場◎
江古田club Dorothy

map_dorothy
〒176-0004 東京都練馬区小竹町1-55-7日神パレスB1
http://clubdorothy.com/index.html


——————

◎出演◎

-メインステージ-
UM-アム-
イビルキック
燭台(怪)
真剣に解散を考えている。
鳥かご時計(吉良+かゆ)
バケネコ+バニラ(アネモネ/ex.ANTI-KRANKE)

サブステージ
顔がない~子育てLIFE~
シンガヤ(空想革命)
東京秘密ラジオ†猫灰田らけ
非リア変態シンガーソングライターNaG

——————

——

UM-アム-

——————

UM-アム- オフィシャルウェブサイト
http://umum.nu/

————————

・大島朋恵、出演:螺子 ショー公演 「Japanesque Spiral presented by VIS」・

昨年も参加させていただきました、
デザインフェスタでの
螺子 様のショウに、
ことしも出演させていただくことになりました。

ことしの螺子は、
「古事記」の神々の宴。
おおしまも、
昨年とは一転、ダークな印象の役柄。

デザインフェスタにいらっしゃる方は、
お時間になりましたらぜひショウスペースへ。
お買い物のあいまにご覧いただけます。

和を取り入れた、
螺子のみなさん渾身のお衣装、
そして盛りだくさんのパフォーマンスを、
どうぞおたのしみに。


——————

————————
2016.05.15

螺子 デザインフェスタVOL,43ショー公演
「Japanesque Spiral presented by VIS」

50956d_95e7f5ad1b024ae7afe90540f72b7cad

——————

流るる水音 盈る潮騒
月は満ち欠け 稲穂実り 花が咲く
生まれ 育み 朽ちるまで
果て無く生命の 輪は廻り
そして太陽の光は今日も 世界を照らす


——————

◎日時◎
2016年05月15日(日)
14:15-14:45
0515tt

——————

◎木戸銭◎
デザインフェスタ入場料のみ
 (詳細はコチラ。→http://designfesta.com/about-ticket/)

——————

◎会場◎
東京ビッグサイト西ホール(全館)
デザインフェスタ内 ショースペース
http://www.bigsight.jp/access/map/
東京都江東区有明3-11-1

——————

◎出演◎
-キャスト-
アマテラスオオミカミ:紅羽夜(螺子)
スサノオノミコト:Daglas.Camui(螺子)
ツクヨミノミコト:柳太(螺子)
コノハナサクヤヒメ:紅波柚香(Chatter Gang )
イナリダイミョウジン:伊藤佳織(ResetLimit)
イザナミ:大島朋恵(りくろあれ)

-アーティスト-
りくろあれ 金色 柳瀬式


——————

——
螺子(ビス) -vis-

螺子は毎回コンセプトを設け、ストーリーに沿った衣装や演出でショーをお届けしています。
主な活動や公演はデザインフェスタショースペース。時々、その他のイベント。御機会のある際には、是非、お立ち寄りくださいませ。

-略歴-
2005年、座長・紅羽夜により前身となる服飾制作活動開始。翌年、螺子と改名。ダグラス、柳太加入。2015年に10周年を迎え、現在に至る。
ライヴパフォーマンス、パフォーマンスファッションショーなどの舞台や、写真集、服飾制作を行う。

公式ウェブサイト
http://www.vis-japanesquespiral.com/
——

——————

IMG_0619_72
さくねんのようす。

————————

・大島朋恵、出演:月光密造舎開店半年特別催事-第二夜 【吟遊同盟とよるのお茶會】・

急な告知となり申し訳ございません。

紅日毬子嬢が店主を務める、薬草酒のbar、月光密造舎
その開店半年記念の催事に出演いたします。

月光密造舎、参謀の倉垣吉宏氏との幻のユニット、
R27が、7年ぶりに復活。
なつかしい演目で参加いたします。


——————

————————
2016.05.04

月光密造舎開店半年特別催事-第二夜
【吟遊同盟とよるのお茶會】

R27_160504

——————

月光密造舎の人気催事「吟遊同盟のお茶会」と、
店主・紅日毬子の催事「よるのお茶會」が融合!
吟遊同盟による歌と朗読に加え、よるのお茶會来賓として
7年の時を経て、一夜限りの再結成となる
大島朋恵と倉垣吉宏による幻の朗読ユニット「R27」が登場。
多彩な紅茶に極上のパフォーマンスをお愉しみあれ・・・!!


——————

◎日時◎
2016年05月04日(水・祝)
開場18時/開演19時

◎チケット◎
・通常営業&お茶会・・・¥500
(+お一人様一品ご注文願います)
・催事入場料・・・¥2500
(1drink付き)
お申し込みはコチラ

◎会場◎
-東京-
武蔵小山 cafe&bar「TARUHO」
taruhomap_m
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-3-14コレクションハウスビル 202
最寄駅:東急目黒線「武蔵小山」
要時間:婦女子のあしで9分程度
http://taruhocafebar.web.fc2.com/

——————

◎出演◎
月光密造舎
吟遊同盟
R27


——————

◎タイムスケジュール◎
15:00-18:00 翔馬のお茶会&月光密造者通常営業。

18:00 催事場開場。TARUHOスペースは引き続き開店。

19:00-19:20 稲垣足穂「一千一秒物語」月光密造舎
小休止10分
19:30-19:55 オスカー・ワイルド「幸福の王子」吟遊同盟
小休止10分
20:05-20:30 別役実「ふな屋」R27
小休止5分
20:35-20:50 「吟遊同盟による音楽会」月光密造者と吟遊同盟
AD


——————

——
-R27とは-
倉垣吉宏と大島朋恵が、
八木岳氏からとある朗読イベントに呼ばれた際に
とりあえずでできた朗読ユニット。
ユニット名もかなり適当につけたのに、
その後1年間、コンスタントに活動の場をいただく。
2010年08月、
朗読ユニットだったのに劇場公演を行って、
解散。
——

——————

0911_09_funaya
R27の「ふな屋」。(2009年)

————————

・RiqrhoAre00 live:「mora-tau CD発売記念Gig」・

栃木のおんがくのかたがたと、
ふしぎなふしぎなとりあわせで、
もよおしものを、いたします。

mora-tauさんのCD「The Old Village」の発売を記念して。

アンビエントと、
ギターと、
RiqrhoAre00(おおしまともえ)
の、03組でおとどけいたします。

RiqrhoAre00のじかんは、
藤田真利奈嬢をゲストにおむかえし、
おはなしを、いたします。

コラボレーション有りの、
ゆったりとしたじかんを、
ぜひ、ご一緒に。


——————

————————
2016.03.18

mora-tau+大島朋恵+小川倫生
「mora-tau CD発売記念Gig」

16.03.18

——————

◎日時◎
2016年03月18日(金)
open 19:30 start20:00

◎木戸銭◎
1,500yen (1drink付き)
  お申し込みはコチラ

◎会場◎
宇都宮 snokey music public house six
map_snokey
栃木県宇都宮市江野町2-15近江園ビル2F


——————

◎出演◎
mora-tau(アンビエントミュージック)
RiqrhoAre00(朗読劇、唄)
  guest:藤田真利奈
小川倫生(ギターソロ)

——

——————

————————

・大島朋恵、出演:EgHOST「軽やかな初夏の風とやわらかな幻のための3つの短編集」・

2015年の、舞台芸術創造期間SAIツアー公演
「BORDERS」で共演させていただいた、
西荻小虎氏率いる劇団

EgHOST(エゴースト)

の、
05月公演に、
出演させていただくことになりました。

しなやかでちからづよい身体性が印象的なEgHOST。

今回は、一夜限りのオムニバス公演。

おおしまは、西荻さんオリジナル作品、
「ヴァルプルギスの羊」の再演に出演いたします。


——————

————————
2016.05.30

EgHOST 05月公演
「軽やかな初夏の風とやわらかな幻のための3つの短編集」

160530

——————

◎日時◎
2016年05月30日(月)
16時00分 開演
19時00分 開演
*受付・開場は開演の30分前

◎木戸銭◎
前売・当日 2,500円
  お申し込みはコチラ

◎会場◎
荻窪 OMEGA TOKYO
map_omega
東京都杉並区上荻2-4-12
http://omega-tokyo.com/


——————

◎演目詳細◎
①「夢十夜 ~第一夜~」原作・夏目漱石
出演/児玉華奈・他
こんな夢を見た……
 静かに広がっていく幻想的で美しい世界観に、EgHOSTの色彩が重なる上質な一品。

②「予感」原作・山川方夫
出演/竹田真季・黒澤正・ 西原譲治
山道を登っていく大型バス。
 車輪に弾かれた小石が音もなく谷底へ吸い込まれていく。
 予感をめぐる隠れた名品。

③「ヴァルプルギスの羊」
出演/大島朋恵・コイズミショウタ・仲村弥生・西原譲治・岩崎翠・他
2014年夏に特別上演された幻の作品。
 主演に大島朋恵(りくろあれ)を迎え、遂に再演!

【作/演出】西荻小虎(EgHOST)

——————

EgHOST(エゴースト)とは?
演出家・劇作家・俳優・武闘家・ダンサーの西荻小虎、藍沢彩羽によって2014年2月14日に結成した演劇団体。「EGOISTなGHOSTにいい旅を!」がモットー。
重厚なテーマを、軽快なセリフ・小粋な演出・強い身体性で魅せるのが特徴。その作品は人間の心の闇からサルベージされる光を浮き立たせる。
作品は様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションを軸に創作しています。

——————


——

——————

EgHOST オフィシャルウェブサイト
http://eghost-love.jimdo.com

————————

・大島朋恵、出演:屍のパレードレコ発ライブ『伝染性狂言』・

2015年10月に出演いたしました、
虚飾集団廻天百眼「屍のパレード」、
そのDVDとサウンドトラックが愈々発売。
レコ発ライブに出演いたします。

共演には、
「屍のパレード」の全楽曲を作成した西邑卓哲氏率いるFOXPILL CULT、
「屍のパレード」大阪公演でヘカテー役を演じた宮悪戦車氏率いるストロベリーソングオーケストラ。
両氏は百眼のステージにも出演。

ぜひ、足をお運びくださいませ。


——————

————————
2016.04.25

虚飾集団廻天百眼
屍のパレードレコ発ライブ
『伝染性狂言』

top_r

——————

◎日時◎
2016年04月25日(月)
18時30分開場/19時30分開宴

◎木戸銭◎
前売 3500円+1D(当日券は+500円)
  お申し込みはコチラ

◎会場◎
池袋音処手刀
map_chop
東京都豊島区池袋2-46-3 シーマ100-B1 池袋手刀
http://www.chop-tokyo.info/access.html


——————

◎出演◎
紅日毬子、桜井咲黒、金原沙亜弥、十三月紅夜
こもだまり(昭和精吾事務所)、窪田裕仁郎(voyantroupe)
イチゴ、左右田歌鈴、なにわえわみ
柚木成美、ドドメリナ
大島朋恵
常川博行
宮悪戦車(ストロベリーソングオーケストラ)
西邑卓哲(FOXPILL CULT)

——————

◎共演◎
ストロベリーソングオーケストラ
stro

FOX PILL CULT
fox

——————

——

——————

虚飾集団廻天百眼 オフィシャルウェブサイト
http://www.kaitenhyakume.com/

————————