・_ 18. _ 21st wk. 01 _そらのめぐりのめあて _・


——————

とあるおうちのおにわでの、
パーティーにいってきました。

栃木の、お芝居仲間の会合です。

薪を火に焚べて、
お肉と
お野菜と
焼きそばと
かまどで炊いたご飯、
の、焼きおにぎりと
さいごに、
マシュマロを焼いて

コーヒーと
エスプレッソでアフォガードと
ケーキ……!

それから、

笑顔と笑顔と笑顔と、

なんてすてきな日だったのでしょう。


——————

夕方にはお開き、

のよていが、
お片づけのあと、
燃え残った火のまわりになんとなく
みんながあつまって、

月がでて、
それから、06つしかみえなかった北斗星が、
ちゃんと07つみえてくるまで、


——————



——————

そういえばこんな火を、
ながめるのはいつぶりだったでしょうか。


——————

このひはあさはやく、
Cacaoとお茶もしたので、
なんだかとてもよい日。

わたしはほんとうにひとにめぐまれていて、
どうしたらみんなに、
おかえしができるかなぁ。


——————

オリオンと北斗星は、じぶんでみつけられる星座。

星めぐりの歌の、
02番をまだおぼえていなかったから、

そらのめあて がわたしには、
みつからなかったのでした。


——————

きっと夜の空をみあげることが、
ふえるのだとおもう。

蠍の火も、きっともう、
みえているはず。


——————

ぼくはあなたがほんとうにしあわせになるならどんなことでもする。けれど
いったい、どんなことが、あなたのいちばんのしあわせなんだろう。

——————

それはなんだかすこしくるしくて、
どうしようもなく、やさしいことなのですね。


——————

—つぎの興行—

07.07-07.09 ・緊縛夜話 第十七夜『銀河鉄道の夜ー露ー』

——————


——————

・緊縛夜話『銀河鉄道の夜ー露ー』_ 配役、発表 ・

緊縛夜話 第十七夜『銀河鉄道の夜ー露ー』、
せんじつ、お稽古がはじまりました。

まだおあいできていない方もいらっしゃいますが、
すてきな共演者のみなさまに、わくわく、しています。

そうして、
そんなすてきな役者陣があつまったということで、

キャストシャッフルでの上演が決まりました。

つまり、
全公演、役と役者の組み合わせが異なります。

夢乃屋演出名物。
そういえば、ぜんかい出演させていただいた、
緊縛夜話第十三夜『泡雪屋浪漫譚』もそうでした。

各回の配役表も発表となっております。


クリックすると、おおきくなります。


——————

大島朋恵の配役は以下の通り。

07月07日(土)
14:00 露
19:00 カムパネルラ
07月08日(日)
14:00 ジョバンニ
19:00 賢治
07月09日(月)
14:00 カムパネルラ

どの回も、すてきな役をいただきました。

気になる組み合わせを、みつけてくださいね。


——————

前売り券完売となるのが早そう、という噂の緊縛夜話。

リピーター割引がほんとうにお得なので、
迷ったら、ぜんぶみてしまえば、よいとおもうのです…!


——————

-りくろあれ 大島朋恵 次回出演舞台-
2018.07.07-07.09
有末剛 緊縛夜話 第十七夜『銀河鉄道の夜ー露ー』
会場:ザムザ阿佐谷

ご予約:http://bit.ly/2vhQQrJ
興行詳細: http://bit.ly/2qDkAtg


——————

ご予約を、こころよりお待ち申し上げております。


——————

04役だけれど、
ふたりのような、きもち。


——————

・_ 18. _ 17th wk. 01 _・


——————

input…

input…

input…


——————


——————

あたらしいことをはじめるのに、
今宵はちょうど、よいのだそうです。


——————

つぎの舞台にむけて、
ひとつ、ことをはじめようかと。

そうおもったときに夜空をみあげるのは、
とても、正当なことにおもえるのです。

(よるのそらはとても、うまくとれない)


——————

waxing M.


——————

みち て 。


——————

—つぎの興行—

05.04——  –SAI BARにて催事
07.07-07.09 ・緊縛夜話 第十七夜『銀河鉄道の夜ー露ー』

——————


——————

・御礼:リンリ. live at ヒソミネ ‘tenderize’・

2018.04.11
リンリ. live at ヒソミネ ‘tenderize’
終宴、いたしました。

ご来場いただきましたみなさま、
とおくから、想ってくださったみなさまに、
こころより感謝いたします。


——————

こんかいの、リンリ. は、
お唄とおどり、という、またひとつ、あらたな、
かたち で 。


——————

こもださんもわたしも、
ツイッターなどなどで云っていたけれど、

みじかいお稽古のじかんのなか、
踊り子ふたり、それぞれにうまれたイメージが、
おどろくほどに繋がっていて、
それはそれはおどろいたのでした。

それほどまでに、
Rekaiちゃんの楽曲は、
それだけですでに、
たくさんのことを
つたえてくれているのだとおもうのです。


——————

語る音が すきだ 。

——————


——————

この日は、新曲と、それから、懐かしい曲も。

懐かしい曲、である、「黒色サロス」は、
まだ、リンリ.ができるまえ、
いろんな形で、踊っていた曲で、
おおきなしろいスクリーンや、
曇天の湿度や、
そんなことを、おもいだしたり。

(まだ、ことばにできていないあのこと、)

新曲、である「新世界」は、
どうしてこんなに、
できる曲できる曲、
すべてがすばらしいのだろうと。
撫子色の射すうすむらさきのひかりが
揺れているよう。


——————

つながること、
というのは、
じつはずっと、
課題のような、
そういう、
ことなのだけれど、

こんかいまたすこし、
ちかづけたのかなぁ。


——————


——————

この日のリンリ.に、よんでもらえてよかった。
そうしていっしょに踊るのが、
こもださんでよかった。

ヒソミネのみなさまにも、
ほんとうによくしていただいて、
とてもすてきないちにちでした。


——————

ライブが終わるとみんな黒い。


——————

04.11 リンリ. live setlist
01.huy
02.きえる
03.黒色サロス
04.お別れの歌
05.新世界
06.マルイヨル

Rekai・こもだまり・大島朋恵でお届けいたしました。


——————

また、リンリ.の、Rekaiちゃんの楽曲が、
いきをするひをたのしみに。


——————

・_ 18. _ 14th wk. _・


——————

はるがきて、

いろんなものごとが、
すこしずつうごきだしているようです。

いつもよりだいぶ、
ゆっくりと、ときをすごしているので、
いまはいろんなものを、みたりきいたりしています。

そうして、
そこでおあいする、
だいすきなひとや、憧れのひとと、
すこしずつ、おはなしをして、

あなたにはなしかけてもらえることに、
わたしがよろこびをおぼえることを、
あなたが識ってくれていることが、
こんなにも、しあわせであること

そう、だから、
きっとまだ、だいじょうぶ。


——————

りくろあれ は、つぎ、なにをしようかな、

と、かんがえているあいだに、

はるがきたので、

いつがいいのかわからなくなっちゃって、

えいやっとあたりをつけてみるも、

まにあうのか、

それから、わからないことがたくさんだ!となってきて、

ゆっくりと、
相談がてら、
いろんなひととお茶などするのも、
よいかもしれないなぁ

などとおもううちに、
おわるのかもしれない2018年。


——————

まずは、

もう実は、
なんと来週に迫った、
リンリ.のライブに向けて、
やんわり身体を起こしていきましょう。

2018.04.11 ・リンリ. live at ヒソミネ ‘tenderize’・

きっと、きてくださいましよ。
こもださんと、おどりますよ。


舞台芸術創造機関SAI「BORDERS」より。
このおしゃしんとてもすきだ。


——————

おどる、といえば、
せんじつ、しんえん、という宴会にあそびにいきました。

しゃみおさんとあそんでもらった。
とてもぜいたくなきもち。


——————

ゆるゆると、すこしずつでも、
さき へ 。


——————

はるですものね。


——————

・御礼:贋作マッチ売りの少女_神奈川公演・

2018.02.03-02.04
りくろあれ×舞台芸術創造機関SAI
贋作マッチ売りの少女 東京公演
終宴、いたしました。

ご来場いただきましたみなさま、
とおくから、想ってくださったみなさまに、
こころより感謝いたします。


——————

幻想音楽劇にたちかえり、ツアー最後の地。

栃木と、東京都と、
ずっとはなれてお稽古をして、
そうして最終的に、
ぎゅっと親密に、じかんを共にして。

——————



——————

とてもふしぎなかんかく、

わたしたちは、
いっしょに、おなじごはんをいただき、
月をながめたり、


——————

階段をおりればそこは劇場で、
灯りの確認もすぐできて、


(さんにんで、ぜんりょくの、贋作マッチ売りの少女ダイジェスト中)


——————

そう、
おなじごはんを。

ごはん係のみなさまにはほんとうに感謝。
とてもとてもおいしくて、



——————

公演中に、コルセットがどんどんきつくなって
上演中に裏で花ちゃんに緩めてもらったのは内緒です。

——————

ぜんいんがずっといっしょだったわけではないけれど、
そのあたたかさや、
そういったものはじんわりと、
座組全体をつつんでいたようにかんじます。


——————

そうして、

若葉町ウォーフに顕れた幻想都市ロンドンは、

しろくしろく、
なにものにも染まり、なにものでも無いくうかん。


——————

栃木公演からの、キャストの入れ替え、
神奈川公演から参加の演者さんたち、
そういったものごとが、
すべて好い方向にむかっていった気がしています。

あらゆるものが、
密度をましていた。

密度をまして、
そうしてどんどん自由に。

吁、とても、好いかたちに。

——————



——————

準備も含め、
半年ほどつづいた
「贋作マッチ売りの少女」

かたちを変えつづけた作品は、
このツアーの間にも、
変容しつづけ 、

なにごとにも、おしまいは、
あるのだなぁと、改めて。

こんかいのツアーは、
舞台芸術創造機関SAIの
倉垣さんはじめメンバーの皆さんに大変お世話になりました。

りくろあれは、
音楽まわりのいろいろのほかは、
とくにおてつだいもできずでしたが
SAIのみんなのおかげで、

座組のみなさまと、
それからお客様の笑顔に、
たくさん触れることができたツアー公演でした。


アルルとして居させてくれて、ありがとう。

そうして改めて、
とおくで、ちかくで、
共有してくださったすべてのみなさまに、
こころより御礼申し上げます。
また、

——————

ねえ、

いつか

—–


——————


——————

アルルはなんだか最終的に、
とても、とおいところにいた気がします。

なにから、どこから、
それはうまく、云えないのだけれど。

唯、

さいごのあのじかん、
ヴァンは、
これまでとは違うところに居て、
その眼は、
あの貌は、
わたしだけのものだ

そうおもった


——————

ねえ、あなた、

——————

「さようなら」


——————

・_ 2 0 1 8 _ 01st day. _・

 

 

あらためまして、

昨年中はお世話になりました。

 

みなさまにとって

たくさんのうつくしいものごとに出逢える

そんないちねんに

なりますように。

 

 

まずは02月、
贋作マッチ売りの少女 神奈川公演で
おあいいたしましょう。

ほんねんも、
たくさんおあいできたら
とてもうれしいです。


——————

2018.01.01
りくろあれ 大島朋恵

——————


——————

・_ 2 0 1 7 _ last day. _・


——————

2017ねんも、

たくさんのけしきを、

ありがとうございました。

2018ねんも、

どうぞよろしく

おねがいいたします。


——————

らいねんは、
ここに、
おしゃしんのせられるよう、に
しようとおもいます。ね。


——————

のこすところと02時間ほど、
みなさま、
よいおとしを
おむかえください。


——————

・御礼:廻天百眼劇場本公演 『悦楽乱歩遊戯』・

2017.02.26-03.05

廻天百眼劇場本公演
『悦楽乱歩遊戯』

終宴、いたしました。

数日間の出演でしたが、
ご来場いただきましたみなさま、
とおくから、想ってくださったみなさまに、
こころより感謝いたします。


——————

とてもすきな作品に仕上がっていたので、

出演できて、
うれしかった。

楽曲も、
毎度名曲ぞろいではありますが、
ほんとうに、
好みのものがたくさんで。


——————

それから、

須永ご夫妻と
それから小林君と、
お稽古できたことも、
とてもとても、
うれしかったです。


——————

常川さんはよく、
きみは、どこからうちへやってきたの?
なにかきみの快楽なの?
と、
わたしと会話をしてくださり、

めいちゃんは、
ご自宅の調度品として、
わたしを愛でてくださった。

とても、すてきな体験だったのですよ。


——————

本番中はばたばたで、
こんなおしゃしんだけがのこっている。

この材は、
つかっちゃいけない。


——————

ゆいいつ撮ったツーショット。

辻真梨乃嬢。
月蝕みてました!
とのこと。
うれしいです。


——————

来年、
廻天百眼と、
また。


——————

・御礼:舞台芸術創造機関SAI「イト2017」・

2017.03.11
舞台芸術創造機関SAI「イト2017」

終宴、いたしました。

ご来場いただきましたみなさま、
とおくから、想ってくださったみなさまに、
こころより感謝いたします。


——————

イト、

もう何度目かの、

セカイ、


——————

なんだかわたしには、

どんどんどんどん、

わからなくなっていく。

のです。

それがほんとうにおもしろいのです。


——————

それは、
上演のたびにかたちがかわるから
というのもおおきいのでしょう。

そんな「イト」、

栃木の、演劇祭という場には、
とてもよかったとおもうのです。

SAIらしいユーモアと、
不条理と、熱と。

そうして、

出演してみんなが、
きらきらと、たのしそうで、

なんだかそれが、
ほんとうにすごいことだな
と、
おもったのでした。


——————

その笑顔と、

あのひのきおく、

が、

ほんとうにうつくしい、絶望。


——————

こんかいの
「イト2017」は、

最終章

という噂です。

セカイのなかに
タタリ。

それは、

オトウサン
オカアサン

それは、

あなたたちが、


——————

——–


——————


——————


——————

おしゃしんがなくなってきたのは、
07月にあいぽんをこわしたからです。

——————