・大島朋恵、出演:虚飾集団廻天百眼 『不思議の国のアリス・オブザデッド』 ・

ことしも出演させていただきます。

おなじみのメンバーと、そしてあたらしい面々と。
こんかいも、美しく激しく狂おしく。
みんなのだいすきな、
「不思議の国のアリス(・オブザデッド)」です。

是非、足をお運びくださいませ。


2020.01.28. – 02.03.

虚飾集団廻天百眼劇場本公演
『不思議の国のアリス・オブザデッド』

脚本/演出 石井飛鳥

——————

・日時・

2020年
01月
28(火) 19:00
29(水) 19:00
30(木) 19:00
31(金) 19:00
02月
01(土) 14:00/19:00
02(日) 14:00/19:00
03(月) 19:00

——————

・会場・

ザムザ阿佐谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21

——————

・木戸銭・

白兎 4200円(11月23日~12月15日のみの先行割引券)
一般 4800円
青虫 2000円(学生の方)
ポスター付チケット 各+500円
◎数量限定!女王陛下の庭の薔薇
全てのステージに何度でも入場できるフリーパスチケット。
女王陛下の庭の薔薇の他、ポスター、友人招待券付き。
薔薇がなくなり次第終了。
一般 40000円
*当日券は各+500円
*全席自由席
*青虫 当日必ず学生証をお持ちください。

——————

・出演・

紅日毬子
桜井咲黒
十三月紅夜

大島朋恵(りくろあれ)
こもだまり(昭和精吾事務所)
左右田歌鈴
なにわえわみ(劇団フェリーちゃん)
柚木成美
湖原芽生
邑上笙太朗
辻真梨乃
本山由乃(劇団ロオル)
伊井ひとみ(株式会社クロコダイル)

白永歩美(月蝕歌劇団)
高田那由太(なゆたハムニダ)

木村飛香
ハラグチリサ
大橋桃佳

◎演奏/絶唱
西邑卓哲(FOXPILL CULT)


——————

——
ウェブサイト
http://www.kaitenhyakume.com/s20.php
——

——————


——————



——————

・大島朋恵、出演:激嬢ユニットバス番外公演 朗読劇『HOTEL 孔雀(仮)』+公演DVD発売・

2019年04月に出演させていただきました、
激嬢ユニットバス『HOTEL 孔雀』、

あの愉快ななかまたちが2020年01月、還ってきます。
公演DVD、と、そしてなんと、
番外公演として、朗読劇を。

是非、足をお運びくださいませ。


2020.01.18.

激嬢ユニットバス番外公演
朗読劇『HOTEL 孔雀(仮)』

作・演出:ニシオカ・ト・ニール

——————

・日時・

2019年11月18(土)
15:30 / 19:00

——————

・会場・

中野Vスタジオ
東京都中野区中央4丁目26-10 中野 東豊 マンションB1

——————

・木戸銭・

一般 前売り:3,500円
DVD付きチケット:6,000円
*HOTEL孔雀DVD付オリジナル巾着(3,000円+送料別途)のお申し込みも承ります。

——————

・出演・

綾野アリス
傳田圭菜
三納みなみ

赤星まき
大島朋恵
黒岩拓朗
小林咲子


——————

——
ウェブサイト
https://ameblo.jp/gekijyounitbath/entry-12533453791.html
——

——————


——————



——————

・大島朋恵、出演:昭和精吾事務所「氾濫原 2 -はんらんげん-」・

たったいちにち、おひるのみの出演となりますが
豪華ゲスト陣と、昭和精吾事務所の語りの世界に浸れることが、
とてもたのしみ。
是非、足をお運びくださいませ。


2019.12.13.

昭和精吾事務所 企画公演
「氾濫原 2 -はんらんげん-」

作:寺山修司 ほか
構成・演出:こもだまり
音楽統括・映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

——————

・日時・

2019年12月13日 (金)
15:00 / 19:30
*大島朋恵は15:00回のみの出演です。
*5分前:受付開始/30分前:開場、上演時間は約120分です。

——————

・会場・

新宿シアターpoo
東京都新宿区新宿3-35-5 守ビル3F

——————

・木戸銭・

前売・予約:3,000円+1D/当日:3,500+1D
昼夜通し券(前売・当日共)5,000円+2D
※1ドリンク500円

——————

・出演・

[昭和精吾事務所]
こもだまり / 西邑卓哲(FOXPILL CULT)
昭和精吾 ※映像・音声にて出演予定
[ゲスト] 
常川博行 / 梶原 航 (航跡 / ZINGY ZAP) / 辻真梨乃
大島朋恵(りくろあれ)※マチネのみ / 永井幽蘭 ※ソワレのみ


——————

——
特設ウェブサイト
http://komodamari.blog.jp/201912z.html
——

——————


——————



——————

・大島朋恵、出演:なかないで、毒きのこちゃん「イケてるともだちX」 ・

はじめましての団体さんに出演させていただきます。
おもしろいんだよねぇ、と、
わたしのまわりでもたくさんそんなお声を伺います。
とてもたのしみ!

ひとつのあこがれ、スズナリ、
そして、十数年ぶりの、亀岡さんとの共演…!

是非、足をお運びくださいませ。


2020.01.11. – 01.13.

なかないで、毒きのこちゃん本公演
「イケてるともだちX」

作・演出 鳥皮ささみ

——————

・日時・

2019年
11月
11(土) 14:30/19:30
12(日) 14:30/19:30
13(月) 13:30/18:30

——————

・会場・

下北沢 ザ・スズナリ
東京都世田谷区北沢1丁目45-15

——————

・木戸銭・

全席自由/一般 前売り 3500円 当日 3800円
U-23 前売り/当日 2500円
U-18 前売り/当日 1500円
*当日券販売・受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。
*2019年12月01日チケット発売*

——————

・出演・

猪股和磨
森田ガンツ
田村優依
森岡未帆(以上、なかないで、毒きのこちゃん)

瓜生和成(小松台東)

浅川千絵(FUKAIPRODUCE羽衣)
秋月三佳
稲葉美優
岩原正典
植田祥平
大島朋恵(りくろあれ)
大場靖子

久我真希人(空観)
亀岡孝洋(カムカムミニキーナ)
中澤功(サモ・アリナンズ)
吉田壮辰


——————

——
ウェブサイト
http://なかないで毒きのこちゃん.com/
——

——————


——————



——————

・大島朋恵、出演:虚飾集団廻天百眼の襦袢系幻想喫茶「襦袢クラブ」・

虚飾集団廻天百眼の襦袢系幻想喫茶 「襦袢クラブ」、
ひさしぶりに参加いたします。

どなたさまも是非、足をお運びくださいませ。


2019.11.30.

虚飾集団廻天百眼の襦袢系幻想喫茶
「襦袢クラブ」

——————

・日時・

2019年11月30日 (土)
16:00-20:00

——————

・会場・

中野ギャラリーO2
東京都中野区中野5丁目1 スターツ天神 B1

——————

・木戸銭・

500円 (2時間制 延長可能)
ご予約は不要です。ふらりとどうぞ◎

——————

・出演・

[出演]
石井飛鳥
紅日毬子
桜井咲黒
十三月紅夜
ワタナベユウキ
[ゲスト]
大島朋恵
邑上笙太朗
白永歩美
琴子
荊城チカ


——————

——
特設ウェブサイト
http://www.kaitenhyakume.com/jyuban.php
——

——————


——————



——————

・r.a.01_04 – Po. noc. – 関連商品売切セール・

2016年09月、
南宇都宮 悠日に於いて上演された

r.a.01_04 – Po. noc. –

たくさんのみなさまに支えられ、
りくろあれの、ひとつの集大成のような作品となりました。

2019年09月、

– Po. noc. –の上演から、ちょうど03年。
この区切りのときに、この作品のこと、
関わってくださった方々のことをまたおもいかえしつつ、

r.a.01_04 – Po. noc. – 関連商品売切セール
を、
執り行うことといたしました。

期間は02週間、完売し次第、終売となります。
おかげさまでどの商品も残り僅かとなっておりますので、
お買い逃しなきよう。


2019.09.17.- 09.30.

r.a.01_04 – Po. noc. – 関連商品売切セール


——————

——————

・期間・

2019年
09月17日 (火) 00:00 – 09月30日 (月) 23:59

——————

・内容・

01.
以下の03製品について、通常価格の25%offで販売します。
・オリジナルTシャツ**:¥3,000 → ¥2,250
・公演記録dvd********:¥2,100 → ¥1,575
・サウンドトラックCD:¥1,800 → ¥1,350

02.
-Po. noc.-関連商品02点以上お買い上げの方には、
Po. noc.缶バッヂをプレゼント。


——————

——————

・商品詳細・

01. オリジナルTシャツ

公演の題材となったマンタム氏の造形作品「Po. nocの仮面」を、
気鋭の画家、Umi.doodleが繊細に描き起こしたイラスト、
そしておなじくUmi.doodleの描く、りくろあれ宣伝美術でおなじみの
「月」、を、添えて。

マンタム氏、Umi.嬢、双方のフアンの方々にも手にしていただきたい、
着心地のよい一品。

*画像はサンプルです。形や色味は実際と若干異なります。 
*イラスト等の位置はサイズにより若干差が出ます。

セール価格:¥2,250 (税込)
お求めは「コチラ


——————

02. 公演記録dvd image of Po. noc.

あのよるの、ちいさなまちのできごとを、
くうきとおと、を、綴じ籠めた、
記録映像のdvd。

セール価格:¥1,575 (税込)
お求めは「コチラ


——————

03. サウンドトラックCD

Sound Designer、 Jessicaによる劇伴。
りくろあれ過去公演出演者でもあり、自身も音楽活動を行う戸室氏と、
「ツキトコトリ。」でも圧倒的な音の世界を表出させた、ヲノデラ氏の手も加わった一枚。
あのまちのくうきを、音で。

セール価格:¥1,350 (税込)
お求めは「コチラ


——————

04. オリジナル缶バッヂ

Umi.doodleのオリジナルイラスト入り。
ささやかでありながら、ふと、目を引く存在感。

価格:¥300 (税込)
*セール期間中、Po. noc.関連商品02点以上お買い上げのお客様には
こちらの缶バッヂをプレゼント。
お求めは「コチラ

——————


——————

こんかい、販売物を眺めながらおもいかえし、
ほんとうに、あらためて、
たくさんのかたに支えられてカタチを成した興行だったとかんじました。
深く御礼申し上げます。

この機会に是非また、
このひのことが、つたわりますように。

——————

すべての窓口↓

——————


——————


・御礼:-ままみほ音女遊戯(おとめゆうぎ)・裸-・

2019.08.31.

死神紫郎バンド編成にて参加いたしました、
間々田優×若林美保コラボ公演
グランドフィナーレバンド公演
-ままみほ音女遊戯(おとめゆうぎ)・裸-

終演いたしました。

ありがとうございました。


——————

2018年08月31日、死神さんのライブを見に行ったあと、
気付いたら翌日09月01日、
スタジオで、生まれて初めてベースをぶら下げていた、
そこからちょうど、
365日目のライブでした。


——————

二度目のライブは、
なんと200人以上のお客様、
満員御礼のLIVE INN ROSA、
とてもすてきな興行の、オープニングアクトで。


——————

いろんな発見があった30分でした。

これからもし続けていくことができるのであればまた、
どんどん変わっていくだろうけれど、

お芝居とはぜんぜんちがう志向性をもってやれることがほんとうに
おもしろくて、なので、まだ、

まだ、やりたいなぁ、という、
よくばりなきもちです。


——————

オープニングアクトということで、
出番終了後は延々と、
フロアでままみほさんのステージを拝見しておりました。

間々田優さんの熱と、
若林美保さんの華と。

すばらしかったです。

こと、若林美保さんは、
もともとパフォーマーとして憧れていて、
そしてわたしじしん、ときたま、
こんかいのわかみほさんのように、
ステージの片隅で踊ったりすることがあるので、
気づけば喰い入るようにみておりました。

あそこまで無駄な動きを省いて存在できるのは、
身体の魅力とそれを裏付ける芯があるから、なのですよね。
感激。


——————

興行そのものから、お客様から、
いろんなちからをいただいたよるでした。

ほんとうにほんとうに、ありがとうございました。

死神さんと、ドラムの志度くんにも感謝を。

死神紫郎バンド編成、
じかいはもう、はやくて来年かな、とのことですが、
死神紫郎さんご自身のライブは今後も目白押しですので、
是非見に行ってください。
バンドとはぜんぜんちがう、死神さんの根源。

四弦弾きの六さんは、しばしおやすみです。

でもまたいつか、
おあいできますよう。


——————

・セットリスト・
1.七人掛けの椅子
2.牛は屠殺を免れない
3.共喰いの未明
4.憂い(作詞・作曲:志度)
5.生きるかな死


——————


・御礼:トッコ演劇工房「星と、私と、王子さま」・

2019.08.15. – 08.16.

トッコ演劇工房プロデュース公演vol.10
「星と、私と、王子さま」

終演いたしました。

ありがとうございました。


——————

トッコさんこと、トッコ演劇工房主宰の高梨さんと出逢ってから
08年くらい経ちまして、
はじめての出演となりました。

(実は2013年のトッコ演劇工房vol.5「あゆみ」に、振付で参加しておりました。)


——————

こんかいの演目は、
3日でつくる演劇ワークショップ等で何度も再演されてきた、たいせつな作品。
再演を重ねながら、
こんかいもまた、あたらしい要素を組み込んでの公演となりました。

とてもとても、綺麗できらきらとした作品ながら、
とつぜんのダンス・ラップ・マダム・ケチャ、と、
さいごのさいごまで、欲張り続けて盛りだくさん、
綺麗なだけでは終わらないんだけれど、
それでもやっぱり綺麗できらきらとしていて。


——————

この作品が、ほんとうに、とても、だいすきでした。


——————

一部の役はダブルキャストで、
わたしはふつかめ、08月16日のバラ役を演らせていただきました。

ファンタジーであり、
だからこそ。
できるだけ、「生身」、で、生きて、いたいな、
と、
とりわけつよくおもったこんかいでした。

(こんかいにかぎった話ではないのだけれども、ことに。)


——————

いちにちめ、バラを演じたのは須長亜依梨さん。
以前から、
すごい子がいるんですよ、というお話を各方面から聞いていながら、
なかなか拝見する機会がなく、
ちゃんとお話しするのもこんかいがはじめてで。
お稽古ではじめてお芝居をみて、
うわー、うつくしい、すごい、うわーーー
と、圧倒されたのでした。
普段は人懐っこい笑顔の素敵なお嬢さん。
ふつかめに演じていた点灯人も大人気でした。
かっこいいんだもん……!
また共演したいなぁ。

いちにちめふつかめとおして、
王子さまを演じたのは、
町田彩香さん。
SUGAR BABY「row her」、
りくろあれ×舞台芸術創造機関SAI「贋作マッチ売りの少女」等で共演した
魅力溢れる女優さん。
こんかいも、新たな魅力をたくさんみせてくれた。
あまりゆっくりお話しする時間もなかったけれど、
共演できてうれしかったな。

飛行士を演じた
田口雄太さん(いちにちめ)、
今井悠莉さん(ふつかめ)も、
以前共演したときとはちがったいろをみせてくれた。

はじめましての共演者の皆さんも、
また逢えてうれしい面々も、
ほんとうにみんな綺麗で、

観に来てくださったみなさんのまっすぐな反応も、
とてもうれしかったです。


——————

余談ですが、お稽古途中参加の方の代役として、
二日間、まさとさんのダンス踊ってました。
(本番では飛行士とバラは踊らないのですが。)
いまおもえば、立ち位置決めの為に位置に入っただけなので、
張り切って踊る必要もなかったのですが、
なんか、踊ってましたね……みんなたのしそうだったから、つい…
勝手に張り切ってお恥ずかしいきもちもありつつ、
ストリートダンスしちゃったよ〜と、
こっそりひとりでよろこんでいます。
まさとさんの振付、ほんとにすてきでしたね。
開演前のダンスも、みんな格好よかった!


——————

またこんな、
きらきらとした興行に、携わることができるといいな。


——————

共有してくださったすべてのみなさまに、
感謝いたします。
ありがとうございました。

そして、トッコさん、
10周年おめでとうございます!


——————

また、きっと、 ね 。



——————

・御礼:idenshi195 WIP版『朗読 原爆詩集』・

2019.08.05. – 08.07.

idenshi195
WIP版『朗読 原爆詩集』
ー身体性と即興性をもち[言葉の楽譜]を奏でるー

終演いたしました。

ありがとうございました。


——————

台本をいただいてから03日で本番を迎える、
瞬発力を試されるワークショップでした。


——————

「言葉の楽譜」の表現は、
なんというか、「とてもたいへん」で、

(((でもこれって舞台に立つならどこでも共通でしょう、と
(((郁子さんはおっしゃるし、わたしも実際そうだとはおもうのですが、
(((それでも )

idenshi195が言葉の楽譜を通して目指す表現に
精度の面でどこまで迫ることができたのか、
それは正直なところ、まだまだだったのだろうとおもうのです。

ただ、
全員が、悩みと焦りのなかでもがきながら、
それでも、
07月の、槙尾ユウスケさんのワークショップからひきついだ
「つながる」感覚をたいせつに、
最終的にひとつの作品を、ひとつの想いとして、
お客様にお届けできたのではないかとおもっています。


——————

奏那多さん
黒田眞奈美さん
杉田真由美さん
園山ひかりさん
田中千紗子さん
奈良岡志保さん
根本秀之さん
萩原有さん
それぞれが、お稽古はじまりのときのご自身の声と、
またちがった音を掴んでいたのがとても印象的でした。
それからこんかい、一般的な演劇とも異なる身体表現的な部分もあって、
さいしょは戸惑いもかんじられたのですが、
みんなでどんどんひとつのくうきをつくれるようになっていって、
ほんとうに、
刺激的な体験ができました。


——————

わたしはといえば。

これまで何度かidenshi195の作品に出演させていただいたり、
ワークショップに参加させていただいたりするなかで、
ずっとあった課題のなかのひとつ、
「もっと自由に」、「出す」こと
それが、
こんかい、できた……!
という感覚があって、
それはもう、とてもうれしかったのでした。

前述の通り、
「自由に」といえども精度をかんがえればもっとコントロールが必要なのでしょうけれど、
まずは感覚が掴めてうれしかったのです。

これはこんかい、
繋がることを意識しつづけ、
みんなもそれを意識しつづけ、
結果きちんと、繋がれていたからできたことだとおもいます。

共演者のみなさんへ、感謝のきもちでいっぱい。


——————

そしてわたしはほんとうに、

言葉の楽譜の表現がすきで、

まずはそれを奏でられる楽器になりたくて、

そんな表現を生み出してくれて、
そうして素敵な共演者の皆さんに出会わせてくれた
idenshi195の高橋郁子さんにも多大なる感謝を。


——————

そうしてそうして。

あのなつのひのことを、
できるかぎりおもいえがいて、
2019ねんのわたしたちの身体から発したあのくうかんを、
共有してくださった観客席の皆様も。

ほんとうにほんとうに、
ありがとうございました。


——————

きっときっと、

また

どこかで。



——————