Skip to content


【御礼】詩劇ライヴ 姫と縄【月蝕歌劇団】

さかのぼりまして9月15日。
月蝕歌劇団詩劇ライブ「姫と縄」、 無事終了致しました。
有り難うございました◎
振り付けを担当していらした森永理科さんをはじめ、
高取さんにもわがままをきいていただき、
みなさんに助けてもらっての参加でありました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 冒頭の
「チューリップ兵隊」
「交配歌」
で、
理科さんの振り付けで踊り、
そしてソロで「友よさよなら」
久しぶりに歌った、ステーシーのハム恵ちゃんの歌でした◎

お衣装は少年。半ズボン。笑。

ワルシャワ労働歌では
セーラー服×ヘルメット×鉄パイプ。
歌も好きだしこの衣装も大好き。
とても月蝕らしいと思うのは私だけでしょうか。

ゲストの皆さんも素晴らしくて、
楽屋では
豪華でお得すぎる!
との声も上がっておりました。笑。
確かに。笑。

個人的に
樋口 舞さんの歌をやっと生で聞けたことと
ギターで憧れの日比谷カタンさんがいらしたことが、
なんかもう、
はい、
幸せでした。
まだお芝居のカーテンコール中の楽屋を通っていたら、
あ、樋口舞さん、
かわいい!ご挨拶しよう!は、はじめまして……
の、あと、
ふと見たら隣にカタンさんが立ってらした
あのときの
わたしの
動揺を
………誰が知ろう…。
一瞬にして不審者に成り下がりました。

幸せでした。

ラストのピーターパンも
なんだかもう楽しくって、
あっという間の詩劇ライブでした。
有難うございました◎


森永理科さんと◎

本編「花と蛇」
は、
ライブの前に拝見致しました。
いやぁ、
ウェルカムバック!な劇団員と三坂さんが
舞台上を生き生きと生きている
それが嬉しく
なんだかとっても安心したし
やっぱり、「月蝕ですよ!」ていう感じで、
倉敷嬢もどんどん麗しくなっていくし、
百眼ッ子たちも大活躍だし。
終始にやにやでした◎

そして有末さん。
やはり素晴らしかったです…!
楽屋でご挨拶できて嬉しかったなぁ…!!!

また月蝕の本公演の舞台に立てますように!
あの空間、あの時間を共有してくださった全ての方に感謝を。
有り難う御座いました◎

最後に、月蝕に潜入した百眼っぽい人たち。
毬子さん不在残念………!
今週末は毬子さんとお寫眞とろうそうしよう。


Posted in ◎独り言◎.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.



© ooshimatomoe 2010