【05.06.追記:延期のお知らせ】・大島朋恵、出演:月蝕歌劇団「少年極光都市」・

まさかじぶんがこのようなおしらせを、
認めることとなろうとは。

おもわなかった、というのは、
あまりに呑気なことだったのでしょう。


——————

2020年05月05日の宵、
先の、緊急事態宣言の延長を受け、
座組内で話し合いを行いました。

その上で、
月蝕歌劇団第112回本公演「少年極光都市」は、
01年を目処に、上演を延期することとなりました。

COVID-19の感染拡大防止、
そして、お客様の安全、
座組のこれからについて、
皆で考えて出した決断になります。

たのしみにしてくださっていたお客様には、
予定通り公演をお届けすることができず
ほんとうに申し訳ございません。

このご時世に、
これまでキャンセルのご連絡はなかったと聞き、
感謝のきもちでいっぱいです。
ほんとうにありがたいことです。

そんなたいせつなみなさまに、
よりあんしんしてご覧いただけるように、
そうして純度高くまっすぐに、
作品をお届けするため、
すこしのあいだ、
猶予をいただけたらとおもいます。


——————

あくまで、中止ではなく「延期」、
上演の際にはまた、
きっと、この座組で。
と、
皆でしっかりと胸に刻んでおります。

どうぞ、おたのしみに、

続報をお待ちいただけましたらさいわいです。


——————

2020.05.06
りくろあれ 大島朋恵

月蝕歌劇団からのコメントはこちらです↓
https://ameblo.jp/gessyoku-kagekidan/entry-12594895843.html


——————

——————

さまざまな、偶発的なあれこれの末、
急遽、出演させていただくこととなりました。

これまでなかなか再演の機会のなかった、
月蝕歌劇団初期作品。

またひとつ、特に想い入れのある作品となりそうな気がしています。

わたしにとってのしあわせ。
あなたさまにとってもきっと、素敵なじかんに仕立てますので、

きっときっと、お運びくださいませ。


2020.06.18. – 06.22.

月蝕歌劇団 第112回本公演
「少年極光都市」

脚本:高取英 / 演出:海津義孝
監修:J・A・シーザー

——————

その病院から出るには死体になるしかなかった……
ローマ建国神話のロムルスとレムスの物語から全ては始まる。
病んでいるのは世界のほうだった。
今、僕たちの眼前で現世は崩壊する。

——————

・日時・

2020年
06月
18(木) 19:00
19(金) 19:00
20(土) 14:00 / <ラ>17:00 / 19:15
21(日) 14:00 / <ラ>17:00 / 19:15
22(月) 14:00
<ラ>:詩劇ライヴ「天地創造」

——————

・会場・

オメガ東京
東京都杉並区上荻2丁目4-12

——————

・木戸銭・

前売 4,300 円
当日 4,800 円
エクリプスの会 4,200 円
学生 3,000 円
セット券 6,000 円
詩劇ライブ前売 2,700 円
詩劇ライブ当日 3,000 円
スペシャルチケット 7,300 円


*「前売り」(事前振込・郵送)/「当日精算」どちらも、
↑の窓口から申し込みいただけます。
*ご入場順は「前売り」→「当日精算」となります。

一般前売券に限り、
カンフェティでのご購入も可能です
<カンフェティご購入窓口>

——————

・出演・

白永歩美
岬花音菜
大島朋恵
はるのうらこ

前澤里紅
ゆいの杜
石津ゆり
水上ゆか
上野アサ
西川諒多

小林夢二
阿部能丸
里見瑤子


——————

——
ウェブサイト
http://gessyoku.net
——

——————


——————



——————

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。