・_ 20. _ wk.40 01 _ 静止 、の 、 _・


——————

きがついたら、

なんだかものすごい渦のなかにいて、
きづいたら、
その渦がすぎさっていて、いま、
束の間の、

のようなところに放り出された、

そんなようなきもち。


——————

凪、とは妙に、
こころがざわざわするもので、
だけど、
なので、そうですね、

渦のなかで触れたできごとを、
すこしずつ振り返っていったり、
すればいいのかなとおもいます。

せんじつは「サロメ 」をふりかえりましたが、
また振り返りウェブログを、認めますね。


——————

——————

渦のなか、それでもふと、
たちどまるような、
とまっていた、ような、
瞬間はたしかにあって、

そんなときはだいたいやはり、
ざわざわに蝕まれるのだけれど、

さいきん気にかかるのはいつも、
鏡、
のことだ。

それは、ただわたしの脳のどこかにある、
そしてそこにしかない鏡なのだけれど、

そんなものは、ずっと、
在ることがわかっているだけで、
それだけでよくて、
目の端に捉えることができれば、
それだけで充分で、

充分、だったのだけれど。

でも。
だが、
しかし。


——————

鏡はいつか、曇っていく。

という、 理 。


——————

そろそろきちんと、
覗きこまねばならないのでしょう。
ときには磨かないといけないのでしょう。

覗きこんで、違和感があったときにはきちんと、
それは鏡が不可ないのか、
わたしそのものが歪んでいるのか、
かんがえないといけないのでしょう。

ね。
立ち止まって。


——————

凪。


——————

——————

まだ鏡など持たぬところに
還りたいというきもちもあれど、
時を重ねることが必然であるならば 。


——————

よくいわれることだけれど、
うつくしく巡らされた縄というのはまるで
揺り籠のようです。

有末剛さんのお教室にて。

揺られているとはやはり、

あんしん。


——————

——————

・つぎの興行・
2020.10.14. – 10.15.
三島由紀夫「卒塔婆小町」「熊野」「葵上」「弱法師」を読む

・発売中・
RiqrhoAre00 シロノヲト。#003「室内楽」


——————



——————

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。