・御礼:おやま街かどモノローグ演劇祭 / 02_06「琴台語り」・


——————

2020.08.19.

02_06「琴台語り」という演目で参加させていただきました、
トッコ演劇工房主催 おやま街かどモノローグ演劇祭、

終演いたしました。

ありがとうございました。


——————

主催者側からの意向もあり、
ほとんど宣伝もせず、でしたが、
とても有意義なイベントでしたし、
わたし個人としても、
またひとつあたらしいものを
積み重ねることのできた興行となりました。

主催者であるトッコさんの想いや、
イベントの趣旨に関しては是非、
トッコさんのブログをご参照いただきたいとおもいます↓
https://stagemaker.exblog.jp/31282576/


——————

結果として、

と、 (山梨県)
ヒトリワタリ (東京)
りくろあれ (栃木)

という布陣に落ち着きましたが、

と、 の金井さん、ヒトリワタリの渡さん、
そしてスタッフとして全力で支えてくださった方々、
まだまだピリッとした状況のなか、
そして平日にもかかわらず劇場まで足を運んでくださったお客様、
あの場にいたすべてのみなさまとの出逢いが、
ほんとうにこころづよかった。


——————

いただいたご感想にもありましたが、
三組それぞれが、
全く違う方法を用いた一人芝居を繰り広げていて、
三組だけだったけれどなんというか、
ゆたかなじかんだったなぁと、
手前味噌かなとおもいつつ、
ふりかえっています。


——————

りくろあれ は、
もう10年以上前でしょうか、
とあるイベントにおおしまひとりで出演するにあたり、
廻天百眼の石井飛鳥氏に書き下ろしてもらったひとり語りの本を、
もういちど組み立ててみました。
そしてじぶんなりの完成形がひとつ、
みえたのでこの演目はいつかまた、
どこかでお披露目できたらいいなぁ……!

(さいきんは、紅日毬子嬢がよく朗読しているということで、
それもとても、みたいのです…!)


——————

——————

ほんとうに、そういえば、集合写真などもなく、
まるで、ゆめのようないちにちでしたので、
わたしもあまり、
おおくは語らず、にしようとおもいます。

あ、でも、
トッコさんが撮っていた、
ゆめのような会場のおしゃしんは是非、
のせたい。


会場の小山市立生涯学習センターさんは、
直接のやりとりはなかったけれど、
最初から最後まで、親身になって力を貸してくださって、
ほんとうに素敵な会場でした。
トッコさんの、信頼の積み重ねの結果でもあるのだとおもいます。
素敵なことです。


——————

ほんとうに、すばらしい経験をしました。
共有してくださったみなさまに、
それから、気にかけてくださったみなさまに、
こころより感謝いたします。

ありがとうございました。


——————


——————

——————

・つぎの興行・
2020.10.14. – 10.15.
三島由紀夫「卒塔婆小町」「熊野」「葵上」「弱法師」を読む

・発売中・
RiqrhoAre00 シロノヲト。#003「室内楽」


——————



——————

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。